FC2ブログ
パワーストーン 天然石 意味 効果 辞典
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カーネリアン 

カーネリアン


7月の誕生石。名前はラテン語の「肉(Carnis)」、または「新鮮(Carneolus)」に由来します。紀元前2500年頃のメソポタミアのウル王の墓からカーネリアンを加工して作られた首飾りが発見されました。

古くから置物などの彫刻材、装飾品として利用され、ナポレオンがカーネリアンから作られた八角形の印章を愛用していたといわれています。

カルセドニーの中でも赤色に輝く鉱石をカーネリアンと呼ばれ、緑色に輝く鉱石をクリソプレーズ、赤色と白色の縞模様を持つ鉱石をサードニックスと呼び、色などにより分類されています

古くは魔よけや持ち主に勇気を与える力があると信じられ、兵士が身を守る護符として利用していたと考えられています。そのため、現在でも新しいことや難しいことに挑戦することを見守り成功へ導く力を与えるといわれています。
スポンサーサイト

テーマ : 宝石・天然石・パワーストーン - ジャンル : ファッション・ブランド

 
ガーネット

意外に思うかもしれませんが、ガーネットというのは14種類からなる鉱物グループの名前を指します。1月の誕生石で有名な赤いガーネットは最もポピュラーなアルマンディン(鉄ばんざくろ石)です。通常、宝石店で見られるのはこれで、鉄とアルミニウムを主成分としています。
 「炎のような」というギリシア語に由来する名前を持つのがダークレッドのペイロープ(苦ばんざくろ石※褐色やピンクなども)。グリーン系が見られるのはグロシュラーライト(灰ばんざくろ石)とアンドラダイト(灰鉄ざくろ石)。褐色透明なグロシュラーがヘッソナイトです。
 緑色アンドラダイトと呼ばれるデマントイド(ひすいざくろ石)は磨くとすばらしい輝きを発するので、鉱物マニアから絶大な支持を受けています。

 ほかにも黒色アンドラダイトと呼ばれるメラナイト、美しいレッドパープルの色を持つロードライト(アルマンディン・ペイロープ)など、豊富なバリエーションを持つ鉱物なのです
古くから魔よけ、装飾用として利用されてきたと考えられ、ノアの箱舟の内部を照らす灯り(カンテラ)の代わりをした赤い宝石として聖書に登場します。丸く磨き仕上げた鉱石はルビー・カーバンクルとも呼ばれます。



テーマ : 宝石・天然石・パワーストーン - ジャンル : ファッション・ブランド

 

ラピスラズリ


ラピス・ラズリは青色に金を散りばめたような独特の模様をもち、その名前は、ペルシャ語で石を意味する "lapis" と、青色を意味する "lazuward" に由来しています。成分のほとんどを占めるラズライト(青金石)と、金に見えるパイライト(黄鉄鉱)、その他いくつかの成分から形成されています。主な産地であるアフガニスタンでの採掘にはとても古い歴史がありますが、現在ではロシア、チリ、 カナダ、アメリカ(コロラド州)でも採掘されています。

 人類の歴史において数千年も前に登場していたこの石は、鮮やかな青色の外観から、装飾品や宝石として利用されてきました。ツタンカーメンの棺やマスク、奈良の正倉院に収蔵されている宝物、メソポタミア美術に登場する印章などにも利用されていたそうです。また装飾品だけではなく絵の具として利用されていたこともあり、ラピス・ラズリを粉末化したものをウルトラマリン(群青:ぐんじょう)と呼ばれる顔料として利用していたそうです。

 アクセサリーや宝石としては、青色に映える金色の黄鉄鉱が多く含まれているものほど好まれる傾向にあり、他の石には見られない美しさから多くの人々に愛されています。また世界各地におけるパワーストーンとしての歴史も古く、幸運のお守りや、様々な効能がある石としても受け入れられており、そういった意味での需要も多い石です。

 12月の誕生石とされているラピス・ラズリは、あらゆる幸運と成功を呼び寄せる石とされていますが、それ以外にも知力、洞察力、判断力を高める、心臓と脈拍を安定させる、などの力があるとされています。


テーマ : 宝石・天然石・パワーストーン - ジャンル : ファッション・ブランド

 
アマゾナイト


18世紀初めに緑長石が「アマゾナイト」と改名されたのは、南アメリカのリオ・ネグロ川流域にある女性だけの国から来たというネイティブアメリカンによって広められた、「アマゾン・ストーン」が語源になっているからだと言われています。
 この石を見ていると、その由来が単なる伝説とは思えないほどイメージがふくらみます。スピリチュアルな世界観を持ち、自然と共存しながら暮らしていたネイティブアメリカンの精神性が伝わってくるようです。
 幸運を呼び込むという意味で、アマゾナイトは「ホープストーン」の別名を持っていて、精神の安定と自己実現をサポートする石です。悲しみや不安、激しい感情を静めたい時、論理的な思考と直観のバランス感覚を取り戻したい時に役立つでしょう。
 スピリチュアルな面においても、表現力とコミュニケーションをつかさどる第5チャクラのブロックを解き放ってエネルギーの流れを良くすることで既成概念を破り、自立心を育てるという役割を持っています。
 良い石に出会った時は、良き相談相手を見つけたのと同じことだと言えます。
 突然の深い悲しみにおそわれ、喜怒哀楽による激しい感情の変化が生じた時、そばに彼女(アマゾナイト)がいれば、癒しを早めてくれるはずです。
 そばに置いて身に付けることが最も効果的な利用法ですが、一時的に体の上に置いて使うような場合にも、アマゾナイトはジェムエッセンスのパワーを分けてくれることでしょう。

テーマ : 宝石・天然石・パワーストーン - ジャンル : ファッション・ブランド

 
アクアマリン

ロック・クリスタル(水晶)に似た外観を持つアクアマリンはラテン語で水を意味する "aqua" と、海を意味する "marinus" に由来しています。その名前につながるように古代ローマの漁夫たちは、海難防止や豊漁を願ってアクアマリンを身につけたとされています。ブラジルが主な産地ですが、ナイジェリア、ロシア、マダガスカル、他、世界各地で採掘されています。

 この石に惹かれる人たちは、過去か現世の誕生時かはわかりませんが、魂に「目覚めのトラウマ」を負っているそうです。そのトラウマをやわらげるために、アクアマリンは穏やかで慰めるようなバイブレーションを発していると言われているのです。
 その波動が鋭い洞察力と先を見通す力を高め、混乱した精神状態を整理して物事に規則正しい姿勢で向かうように導きます。
 そして感情面には、まっすぐで正直な心と積極性、粘り強さをもたらすことになります。そのため、未完成の仕事や作品を仕上げたい時には、特に役立つはずです。

アクアマリンの持つ澄んだ青色は、心を癒して穏やかな気持ちにする力があるとされており、目の不調の改善、視力回復などにも力を発揮すると言われています。また3月の誕生石とされています。



 
アメジスト

  アメジストは和名の通り、透明なロック・クリスタル(水晶)が紫色を帯びた外観をしています。英名の "Amethyst" はギリシャ語で酒を意味する "methy" と、否定句の "a" を合わせたものに由来し、アメジストにはお酒を飲んでも酔わない、悪酔いしない力が秘められているとされていました。

  昔は日本でも採れたようですが、現在はそのほとんどがブラジルで採掘されています。

 2月の誕生石として知られるアメジストは、石英(水晶)グループに分類される紫水晶のことで、主な産地は南米とアフリカです。少量の鉄を含み、2つの原子(Fe2+、Fe4+)の中にある格子水晶に鉄がひっかかることで紫の色がついています。
 内側に大きな空洞を持つアメジストクオーツは「アメジスト・ドルーズ(晶洞)」、小さいものは「アメジスト・ジオード」と呼ばれています。

 

| Home |


 BLOG TOP 


template and material by HPテンプレート素材集IFD
ダイエットDVD 今日のおかず EXILE(エグザイル)LOVE ネット副業/HIPHOP元ネタ
天然石/無料ポイントサイト/無料アクセスアップ/Jazzy HipHop/浜崎 あゆみ LOVE/ネット通販
ブログアクセス/抜け毛対策/東方神起 LOVE/ワイド馬券の鬼/競馬伝説/フェチ動画/ 麻雀動画/ HIPHOP動画/ DMMレンタル/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。